学費・奨学金・雇用

一覧へ戻る

残業代をゼロにしようとしている
「高度プロフェッショナル制度」の導入中止を政府に求める

労働者雇用実態を見ると、低賃金・長時間労働、身分保障の不安定さなど、京都府は全国最低レベルです。
安倍政権は働き方改革法案要綱で、過労死ラインの残業を容認し、「高度プロフェッショナル制度」では残業代をゼロにしようとしています。
全国一働きやすい京都を目指し、府知事として、導入中止を政府に求めるべきです。

京都の労働実態

ページトップへ戻る