憲法・平和

一覧へ戻る

攻撃目標とされる可能性の高い米軍Xバンドレーダー基地の建設に反対し、京都府民を危険にさらさない

現府政は、米軍や国の言いなりになって、京丹後市にある米軍Xバンドレーダー基地(京丹後市経ヶ岬)の設置を認め協力してきました。住民の運動の中で「安全安心対策」を国に申し入れるも、約束を反故にする米軍の横暴を容認し、住民の怒りと不安の声がないがしろにされているのが現状です。
レーダー基地は攻撃目標となる可能性が高く、北東アジアの緊張が高まるもとで、京都府民・京丹後市民は、直接の危険にさらされています。住民のいのちと安全に責任をもつ知事として国に追随せずに、基地撤去を働きかける姿勢を 示すべきです。

ページトップへ戻る