憲法・平和

一覧へ戻る

核兵器禁止条約を批准するよう国に働きかける

核兵器禁止条約の採択に尽力したNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」がノーベル平和賞を授賞しました。

世界は平和と軍縮に向けて、大きく動き始めています。

しかし、核保有大国とその同盟国は「核兵器禁止条約の国連会議」をボイコット、日本政府は被爆国でありながら「会議に参加することはできない」と発言し恥ずべき態度をとっています。

この歴史的な世界の流れに京都府も合流し、核兵器禁止条約の締結を支持すべきです。核兵器の完全廃絶にむけ、日本政府が核兵器禁止条約を批准するよう、知事は国に働きかけるべきです。

ページトップへ戻る